Philosophy

人材理念

私たちと共に人々の学びを革新し、
よりよい世界を実現する仲間を求めています。

私たちは、メディアオーパスプラスが成長し続けるための核として、創業時から大切にしてきた価値観を「MOP行動指針」として定めています。一人ひとりの夢をぶつけてください。私たちは応援します。

Guideline

MOP行動指針

  • 1.お客さまに成功と感動を

    お客さま起点で考え、お客さまの成功と向き合おう。信頼関係を大切にし、私たちのサービスで感動を届けよう。それが会社の価値と、自身の価値を高める最善の道なのだから。

  • 2.自主性と自律性をもって挑戦しよう

    ひとり一人が自主性と自律性をもって挑戦し、高い水準を求めて結果にコミットしよう。現状に満足してはいけない。今日よりも明日がよりよくなるようひとり一人が挑戦しよう。

  • 3.成長し続けよう

    成長し続けよう。成長のために本質的な問題や課題と真剣に向き合おう。問題や課題が難題であればあるほど、自身の成長に繋がるのだから。

  • 4.学び続けよう

    科学やテクノロジーと真摯に向き合い、現場はもちろん、あらゆるものから真摯に学び続けよう。学び続けることが、自身と会社の価値を高め、成長を加速する。

  • 5.倫理と法の尊重と美意識

    ひとり一人が法令を遵守し、倫理を尊重しよう。法令は倫理の最低限度。倫理と法の尊重なき会社は存在を否定され、自身も滅びる。高い倫理性をもち、美意識を磨こう。

  • 6.相互信頼と協創の力を高めよう

    会社全体の目標達成を考え、相互信頼に基づく協創の力を高めよう。信頼は小さなことから積み上げていくもの。ひとつひとつの信頼を大切に、チームワークを高めていこう。

  • 7.多様性の尊重と革新

    異なる意見や考え、個性や価値観を尊重し、多様性を楽しもう。ひとり一人に敬意を払おう。人材こそが会社の財産。異なる意見や考えから、創造と革新が生まれるのだ。

  • 8.全員参加でよりよい会社に

    全員参加で、よりよい会社にしていこう。情報は共有されている。ひとり一人が考え、行動しよう。皆で議論し、一度決まれば一体となり、スピード感をもってやり抜こう。

Environment

社内環境

  • オープン・ドア・
    ポリシー

    役員室はありません。ディレクターもマネージャーも籠もる個室はありません。セキュリティーの扉は設置しますが、相互信頼と相互理解を阻害する敷居や扉は設けません。役員も社員も、アルバイトも、誰もが、誰にでも相談することができ、話をする機会が持てます。社内のコミュニケーションを促進すると同時に、透明性を高めています。

  • オープン・トーク・
    ポリシー

    上司、部下、社員、アルバイト、他部門、社内のコミュニケーションは開かれた気持ちで、ひとり一人に敬意を持って、平等に話すことが求められます。嘘をつかない。遠慮しない。本音で話す。忖度は不要。異なる意見があるときは、異なる意見を言うことが義務です。言われた側は異なる意見を尊重しなければいけません。人や人柄と意見を切り分け、意見と意見をぶつけあうことが大切です。だからこそ真摯に学んで考え、自分の意見をもって発言することが求められます。

  • オープン・インフォメーション・
    ポリシー

    情報は、民主化されることで力を発揮します。開かれた情報は、ひとり一人の判断をより正確にし、正しい行動に繋がります。より高度なチームプレーも可能になります。さらに、情報が開かれていること自体で不正を抑止し、公正で公平な会社をつくりあげます。個人情報、お客さま情報、機密情報、セキュリティーは大切ですので、どうしても公開できない情報があるのも事実です。しかし、会社の多くの情報は社内で共有され、ひとり一人にも共有が求められます。

  • フィードバックの徹底

    日々の業務やホウレンソウ、企画、レポートといったシーンではフィードバックが行われます。フィードバックはメール、チャット、ドキュメントへのコメント、電話、面談といったかたちで、どのような認識のズレがあるのか、最適な解ではないと判断した理由は何か、何が足りないかといった観点で、フィードバックが行われます。もちろん、フィードバックの際に議論が生じることもあります。フィードバックが、全員の成長を加速しています。

  • テクノロジーの活用

    会社の創造性と生産性を高めるうえで、戦略的に設計されたテクノロジーの活用が不可欠です。テクノロジーは、時間、場所を越え、人と会社を拡張します。現場から経営まで、全ての問題解決において、テクノロジーでの解決は優先して検討していきます。そのため、社内外のテクノロジーを問わず、優れたテクノロジーの導入は積極的に進めています。

  • フラットな組織

    多様性のあるひとり一人の高い専門性と倫理性を基に、相互信頼と協創の力を高める組織設計を心がけています。個の力を最大化し、チームプレーをスムーズかつスピード感をもって推進できるフラットな組織です。各種プロジェクトのメンバーも、プロジェクト単位で希望と適性をもとに編成されます。派閥・セクショナリズム・官僚主義を徹底的に排除します。ひとり一人が活躍できるフィールドを用意しています。

  • 学びの支援

    ひとり一人の学びを深めてもらうべく、書籍購入制度を導入しています。仕事に関係する書籍であれば、誰もが購入を申請することができ、一般書籍から技術書、学術書、論文集まで、幅広く書籍を揃えていきます。社員はもちろん、アルバイトも自由に申請ができ、書籍を貸し出しているのも特徴です。セミナーや勉強会、研修、学会への参加や資格受験も推奨しており、社員が参加している各種セミナー、勉強会、研修、学会の資料もいつでも閲覧できます。

  • 柔軟な働き方

    社員はフレックスタイム制や在宅勤務制を導入。アルバイトは1週間単位での希望シフト制を導入しています。社員、アルバイトを問わず従業員の生活スタイルに合わせた働き方を用意しています。社員、アルバイトともに有給休暇の取得を推奨しており、相互信頼にテクノロジーを加えることで、より皆が働きやすく、創造性と生産性を高める環境を整えていきたいと考えています。

  • 公正で公平な評価

    会社のビジョンや目標を皆に共有し、ひとり一人の目標に落とし込みます。それぞれの目標は公開されます。また、目標管理とは別途360度評価などの多面的評価を行います。個人やチームの目標達成が最も大切ですが、部下も上司を評価しますし、関連部門や同僚も評価します。また、今は売上げや実務に繋がらない研究開発や企画も、その革新性と可能性から評価しています。可能な限り公正で公平な評価の実現を目指しています。

大阪本社

〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4-1-45 
新大阪八千代ビル2F
TEL:06-6396-8540
  • アクセス
  • 大阪市営地下鉄御堂筋線「新大阪」駅北西改札から徒歩5分
  • JR東海道本線「新大阪」駅中央口改札から徒歩7分

東京オフィス

〒100-0004
東京都千代田区大手町2-6-2 12F
  • アクセス
  • 東京メトロ大手町駅 B8a出口(東西線)より徒歩すぐ
  • 東京メトロ三越前駅 B2出口(半蔵門線)より徒歩3分
  • 東京メトロ日本橋駅 A1出口(東西線)より徒歩5分
  • JR東京駅 日本橋口より徒歩3分

西宮制作室

〒662-0834
兵庫県西宮市南昭和町3-34 
ハマ・ブリーゼ南昭和町3F
  • アクセス
  • 阪急電鉄神戸線「西宮北口」駅北改札から徒歩2分
採用に関する
お問い合わせはこちら